土地の有効活用で賃貸不動産を建設する場合の選択肢

  • 賃貸の敷金礼金ゼロの物件についてご紹介します

    • 賃貸物件の多くは、敷金礼金が必ず発生します。

      平均として敷金は家賃の3か月で礼金は1か月となります。



      全国的にも知名度の高い賃貸物件を提供している会社では、敷金礼金が一切かからないゼロ物件なども存在しますが、気を付けなければならないこともあります。



      実際には、入会金が発生しそこから捻出されている場合があります。



      また、実際は大家さんが負担するカギの交換も追加費用として請求されてしまう場合がありますので、事前に情報を入手してから入居を決めることが望ましいです。



      入居時には壁紙や床にある傷や凹みや汚れを事前に撮影しておくことで、退去時に不当なクリーニング代金を請求されることを防ぐことが出来ます。



      特に敷金礼金ゼロの物件はクリーニング代を通常より上乗せして請求されることが多いので注意することが大切です。



      また、家賃を滞納してしまうと、督促される期間が早く、強制退去を求められる可能性が高いです。


      月の家賃は、平均的に高めに設定されていることもありますが、その分テレビ・洗濯機・冷蔵庫・電子レンジ・エアコンなどの電化製品が全て完備されている物件が殆どです。
      初期費用としてかかってしまう生活用品を比較的最小限に抑えることが可能ですので、少しでも費用を抑えたい方にとっては最適の物件といえます。



      このように、敷金礼金ゼロの賃貸物件を選ぶ際には、それぞれのメリットデメリットをよく調べ、納得した上で賃貸物件会社に足を運ぶことが望ましいといえます。



  • 関連リンク

    • 賃貸物件の多くは、敷金礼金が必ず発生します。平均として敷金は家賃の3か月で礼金は1か月となります。...

    • 新築の賃貸マンションはまだ誰も使ったこのない部屋に暮らせることになるので部屋も綺麗で台所などいろいろな設備も最新の状態で使うことが出来ます。また、新築の場合は毎日の生活が快適になる様に駅から近い場所や商業施設から近い場所に建てられることが多いので通勤や通学など買い物に行くときにも便利になるので毎日の生活が快適になります。...